川崎市宮前区鷺沼の町並み

鷺沼周辺は、昭和中期までは家が数件の他には農地と山林が続いている地域で、多摩田園都市計画の一環として1966年の東急田園都市線鷺沼駅の設置を期に発展した比較的新しい町です。

地形は坂勝ちで、鷺沼駅の南側に向かって下がり、北側に向かって登っています。

駅の南側は早く発展した地域で駅周辺にフレル鷺沼を中心とした商店街が有り、駅から南と東に向かう大通りに沿って商店が並ぶ他は小規模なマンションや戸建ての住宅街となっています。西側に向かう通りは田園都市線に沿って隣のたまプラーザまで桜並木が続く非常に美しい町並みで、ドラマの撮影にも使われました。

駅の北側は、駅付近にメディカルモールや個人商店やレストランが有る他は住宅街で、東名高速川崎インター付近に大規模なマンションが並んでいます。駅から北に向かう通りは銀杏並木で夏は涼しく感じ、秋には銀杏を拾うことができます。通りは土橋4丁目付近で東側に曲り、川崎まで続く幹線道路の尻手黒川道路と交差し、そこには、自動車デーラーや郊外型のファミリーレストランなどが並んでいます。

道路は都市計画がしっかりしているためか、整然としていて、どの道路も道幅に余裕があります。

鷺沼は、住宅地として人気が有り(特に帰国家族)、高級住宅地であると言え、治安も抜群に良い町です。